目に見えないけど、事実としてそこにあるもの… ②

yamasaki

 

昨年末から、発酵野草蒸し「ビオスチーム」の資格も取り、今年の春頃からサロンに導入しています。こちらも「目に見えないもの」「感じるもの」になりますね。発酵のちから、微生物や野草、微小生命体と呼ばれるソマチッド…。目に見えないモノを信じて感じるコト。そして、体を芯まで温め、自分の身体を労わるとっておきの時間を持つことで、長年抱えていた悩みへのアプローチ、体調の変化が…。すべてがフワっとしたものではなく、効能やデータに基づいたものであるというのも事実です。

自宅で「ぬか漬け」を混ぜることで、自分の常在菌のちからを日々感じているコトもあり、こちらは「面白い!」と、疑い深いはずの私ではありますが単純に受け入れることができた世界でした。幼少期からの経験で、田んぼで遊んだり、土筆を採りながら下校したり、登山やキャンプが好きだったこともあると思います。あとは、「日本に昔からある」「昔の人は知っていた」というコトからでしょうか…昔からお爺ちゃんやお婆ちゃんが大好きな私からすると、「惹かれてしまう…」そんな感じでした。このビオスチームをつくりあげた神原明子さんのお話や発想が本当に面白くて、「伝えたい…」そんな想いが沸き、発酵や野草が好きな方といろんな話をしながらどんどん楽しみたいと思いました。

日々、勉強、実践、実感ですね。するとその先には、必ず「面白い」が待っているな…と最近本気で思っています。やっと、その「面白い」にどんどん近づいていることを感じています。「おもしろきこともなき世をおもしろく」という高杉晋作の言葉を10代の頃、友人に教えてもらい励まされたことがあります。まさに今、このコロナ渦でそんなことを思っている自分が楽しくてしょうないです。

学んでキレイに

TAG LIST