ノン・Fシリーズ

  • ノン・Fシリーズ

    子供にノンFエナジークリームを使っていいですか?
    成長されたお身体に使用していただくことをお薦めしています。細胞にアプローチをかける理論のもと作られているため、成長期のお子様は通常どんどん細胞分裂が繰り返されるため、代謝も活発です。 自然の流れで成長される方がいいという考えからです。 スポーツをされていて、筋肉をほぐすマッサージをされる場合施術時のみご使用されたり、筋肉痛などの場所に部分的に使用されている方はいらっしゃいます。毎日定期的に長期にわたりご使用されるのは控えていただくようにしております。
  • ノン・Fシリーズ

    妊娠中、授乳中に使用しても大丈夫ですか?
    妊娠中のご使用は控えて頂いております。痩身クリームにおいては脂肪にアプローチをかける商材であることから、妊娠中脂肪をたくわえようとする生理的反応に反してしまうからです。 更には妊娠中はお肌がとても敏感になるため、控えていただいております。 ご出産後、授乳が落ち着かれましたら再度ご使用ください。
  • ノン・Fシリーズ

    ノンFエナジークリームとノンFビューティークリームの違いはなんですか?
    わかりやすくお伝えしますと、ノンFエナジークリームはセルライト分解、脂肪にアプローチという作用が大きいですが引き締め効果はノンFビューティークリームが大きいです。分解、燃焼はノンFエナジークリーム、引き締めはノンFビューティークリームと使い分けてくださるといいです。はじめてご使用頂く際にはノンFエナジークリームからのご使用をおすすめします。
  • ノン・Fシリーズ

    赤い湿疹がでたが大丈夫ですか?
    ミネラルの理論から、どうしても毒素をキャッチして外に排泄しようとする作用が働きます。 通常ですと体外に排泄されるのですが、排泄能力が低下している方、溜め込み体質になっておられる方、疲れがひどい方、つまりがきつい方は、ミネラルがキャッチした毒素を外にだすことができずまれにリンパ節付近にでてしまうことがあります。 鎖骨、腋、鼠経、関節付近にでやすい傾向にあります。特に花粉の季節には少し湿疹が出る方が多くなります。
  • ノン・Fシリーズ

    湿疹がでた場合どうすればいいですか?
    使用中止していただき湿疹がひいてから再度部分使いからのご使用をおすすめしております。ポテリースキンをお持ちでしたらご使用くださると症状が落ち着いてきますのでご使用ください。 好転反応の可能性が強いのですが、あくまでも化粧品の類ですので一回使用中止をお薦めしております。湿疹が出たことにより痒みが生じ掻き潰しによる二次感染を防ぐためです。 続けて使用する場合は、しっかり理論をご理解いただいたうえでご使用頂くか、サロン担当スタッフとのカウンセリングのもと、使用中止、使用続行は決定してください。ひどい場合は医療機関を受診ください。
  • ノン・Fシリーズ

    ノンFエナジークリームを使用後、体重増加したがどうしてですか?
    体重増加で考えられるのは、摂取カロリーが消費カロリーをオーバーした時に起こる生理的現象です。そのほかホルモンバランスの乱れなどがありますが、ノンFエナジークリームを塗ったからといって体重が増えることはありません。
  • ノン・Fシリーズ

    ノンFエナジークリーム使用後、身体がほぐれると聞いていたのに背中のこわばりを感じる。
    通常起こりえないが、考えられるとしたら全身塗布できても、肩甲骨周りは自分で塗布しにくいため他の部分がほぐれ背中周辺のみ改善が甘いため背中だけこわばりといった感覚になる可能性がございます。
  • ノン・Fシリーズ

    ノンFエナジークリーム塗布後、機械のジェル・クリームを併用しても大丈夫ですか?
    大丈夫です。むしろ、ノンFエナジークリームを下地にご使用頂くことで痩身効果があがります。ノンFエナジークリームを塗布後、機械用の専用ジェルやクリームを塗って機械をご使用ください。ノンFエナジークリームの上から機械をあてることは決してしないでください。
  • ノン・Fシリーズ

    ノンFエナジークリームを施術で使うともろもろとしたものがでてきますがこれはなんですか?
    ノンFエナジークリームを塗布することで、角質が柔らかくなり、マッサージすることでモロモロとしたものになります。また、鉱石入りのクリームの特徴で、微量にお肌の上に残ったものと他の化粧品の成分と混ざることでモロモロにかわることがあります。無害ですが、マッサージ中に気になる場合はふき取ってください。
  • ノン・Fシリーズ

    ノンFエナジークリームを使ってますが効果がわからない
    使用していただくにあたり、ポイントがあります。 全身に塗布して頂く際には、リンパ節の刺激が重要になりますので、少し痛いと感じるくらいにリンパ節周りを刺激してあげてください。