レクレア Reclair

  • レクレア Reclair

    レクレアの原材料は?
    原材料名としては「麹菌有素材」となります。アメリカで特殊な技術で製造されている原料で、9年以上の研究が行なわれており、現在6カ国以上の国で使用されているものです。 主な原料は「大豆培地麹菌」で、大豆を培地にして2種類の異なる麹菌を培養して作られています。簡単に言えば「大豆という箱の中で麹菌を育てたもの」ということになります。
  • レクレア Reclair

    レクレアの酵素は、ペーストやドリンクの酵素とどのように違いますか?
    レクレアは顆粒です。またはその顆粒をカプセルにしたものです。 原料の段階では、酵素ではなく生菌(酵素は休眠)の状態です。レクレアは体内に入って、適切な温度と水分によって菌が発酵して、7種類の消化酵素が体内で作り出されるます。そのため、それぞれの酵素が働ける適正な場所に届けることができるのです。
  • レクレア Reclair

    レクレアに含まれるミネラルは?
    酵素にはペアになる相性のいいミネラルが必要です。レクレアには特定のペアになれるミネラルを配合してあります。それぞれの酵素を、より強力に機能させることができるのです。
  • レクレア Reclair

    レクレアの発酵は、納豆やヨーグルト等の発酵食品とどのように違いますか?
    レクレアと発酵食品は、酵素を含有している食品としては同じ発酵食品です。 例えば、納豆の場合、大豆を納豆菌によって発酵させた食品で、納豆に含まれるのは「納豆キナーゼ」というたんぱく質を分解させる「プロテアーゼ」という酵素の仲間です。 ヨーグルトは、乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させる食品です。 このように、それぞれ元になる材料や発酵させる微生物によって含有される酵素も様々になります。レクレアは、7種類の消化酵素を含有していることが、他の発酵食品との違いです。
  • レクレア Reclair

    レクレアのようなサプリメントは他社にはないの?
    大手のサプリメントでは今のところありません。現在、市場で販売されている酵素サプリメントの多くは「植物酵素」です。植物酵素に含まれるのは、「プロテアーゼ」というたんぱく質を分解する酵素のみです。 また、麹菌を使った酵素サプリメントもあるようですが、レクレアのような2種類の麹菌を使って特殊な発酵を行なって作ったものは、他社にはないと言ってもいいと思います。
  • レクレア Reclair

    レクレアは、副作用など注意点はありますか?
    現在は、ガスがお腹に溜まってお腹が張るといった報告があります。それ以外は過剰摂取による副作用なども報告はありません。 ただし、大豆を使用していますので、大豆アレルギーの人は気をつけていただいたほうがいいと思います。
  • レクレア Reclair

    レクレアは、何と一緒に摂るといいの?
    酵素である「レクレア」を単品で摂っていただいて構いません。酵素の活性化に必要な「70種類以上のミネラル」が配合されています。「プロテアーゼ」には「アスコルビン酸カルシューム」という風に酵素活性を考えたミネラル配合で無駄がありません。体内の働きを良くしてくれます。 栄養のある食べ物や、サプリメントを同時に摂取すると、レクレアのおかげで、今まで以上に受け取る側の体の循環が良くなりますので相乗効果へ繋がります。
  • レクレア Reclair

    レクレアは、特にどのような人におすすめですか?
    ・代謝が落ちたと感じる方 ・疲れがとれない方 ・免疫力をアップさせたい方 ・若々しくしたい方 ・体調面できになる方 ・肌の老化が気になる方... 私たちの体内には、潜在酵素となる「消化酵素」「代謝酵素」の2つがありますが、食べ物をたくさん摂ることで消化酵素優先で使われます。そのため消化の方へ偏ってしまい、代謝酵素が少なくなり太りやすい体質になってしまいます。 レクレアの消化酵素を外から摂取することで、消化が順調に行なわれ、潜在酵素の多くを代謝に回せる。そのことにより新陳代謝がスムーズに行なわれ、肌はつるつる、そして痩せやすい体に。そして免疫力もアップします。